首藤宙伸 / 粉体機械部技術課 / 2016年入社  / 理工学部 航空宇宙工学科卒

活躍フィールド(先輩インタビュー)

首藤 宙伸

粉体機械部 技術課
2016年入社
理工学部 航空宇宙工学科卒

首藤 宙伸

粉体機械部 技術課 2016年入社
理工学部 航空宇宙工学科卒

入社の動機は?

就職活動は、設計の仕事を希望し、「ものづくり企業」を軸に行いました。そうした中で、当社を選んだ理由は、主力製品の一つであるミキサという産業機械に興味を持ち、部品単体の設計・製造ではなく、電動機やベアリング、シリンダーなど様々なギミック的な部品を扱う機械メーカーだと実感し、そうした設計に携わり多様な技術に触れたいと強く感じたからです。

現在の仕事は?

私が所属する部署は、主に産業用ミキサ関連の装置を設計しています。産業用ミキサは、多様な原料の混合や造粒、混練、分散などの条件を考慮しなければなりません。お客様ごとに混合する原料や要求される仕上がりが異なりますので、引き合い時にはミキサのマッチング試験を行い、そこから運転条件など決定し、試験を行うなど、オーダーメイドに近い形で「お客様用途にあったミキサ」を設計しています。

仕事のやりがいは?

首藤宙伸 / 粉体機械部技術課 / 2016年入社  / 理工学部 航空宇宙工学科卒

担当物件は、基本的に自分で試験を行い、お客様とやり取りをしながら現場の人と協力して完成させます。また必要があれば現地試運転にも立ち会います。そのため、「一から終わり」までの全工程に携わることができ、一つのモノを完成させたという達成感が抱けます。まさに「歯車の一部ではなく、自分で考えて行動しながら設計をする」という、やりがいを感じることができます。

今後挑戦したいことは?

既存製品の原価低減に取り組みたいと思っています。当社製品には、創業以来から変わらず愛用されている製品があり、当社の特殊設計で開発・製作されたものでも、現在では業界の「標準品」となっている部品が数多くあります。それらを積極的に採用し、さらに新たな機構を付加することにより、原価低減や納期の短縮、現場での作業効率アップにつなげる設計ができるようになりたいと考えています。

会社のアピールポイントは?

首藤宙伸 / 粉体機械部技術課 / 2016年入社  / 理工学部 航空宇宙工学科卒

まだまだ知識不足を痛感する毎日で、先輩や上司に助けていただくことばかりですが、諸先輩方は、たとえ忙しい状況でも丁寧に教えてくれますので、非常にありがたく感じています。

当社には若手を部署全体で育てようという意識がみなぎっており、技術や知識に関する疑問点や悩みなどを先輩や上司へ気軽に相談できる環境がありますので、たとえ設計業務の初心者でも着実にノウハウや知識を身に付けることができます。

INTERVIEW

Page Top