大徳 穂高 / ポンプ部 / 技術サービス課 / 2015年入社 / 工学部 環境機能工学科卒

活躍フィールド(先輩インタビュー)

大徳 穂高

ポンプ部 技術サービス課
2015年入社
工学部 環境機能工学科卒

大徳 穂高

ポンプ部 技術サービス課 2015年入社
工学部 環境機能工学科卒

入社の動機は?

社内のフランクな雰囲気や学べる環境など、入社前に肌で感じた安心感がポイントでした。大学での専攻は材料や化学系がメインであり、設計や機械などの仕事についていけるかどうか不安でしたが、先輩社員の方々との懇談を通じ、何でも話せる企業風土やゼロから知識が学べる環境があることを実感し、大きな安心感を抱き、入社を決意しました。

現在の仕事は?

当社主力製品の一つであるスラリーポンプの部品設計です。ポンプはお客様ごとに要望が異なり、基本構造以外の周辺部品はカスタマイズする必要があります。私は、お客様との打ち合わせを通じ、附属部品やオーダーメイドを受けた特殊部品を設計し、外観・サイズ・ポンプ断面図をはじめ、部品名や材質が分かる設計図にしています。この業務と併せ、全国納入先からのトラブル相談に応じ、現地に出向いてのトラブル診断・使い方のアドバイスを行う業務も担当しています。

仕事のやりがいは?

大徳 穂高 / ポンプ部 技術サービス課 / 2015年入社 / 工学部 環境機能工学科卒

自分のイメージをカタチできる点です。ポンプの部品設計は、「いかに安全性を盛り込むか」「いかにコストを削減するか」「製作し易い構造」「使用現場でのメンテナンス性」などを考え、カタチにする必要があります。難題に挑み、自分の知識不足を実感し、悩むことも多々ありますが、先輩などに相談しながら自分が頭に描いたイメージ(=設計思想)が実際にカタチにできた時は大きな達成感が得られます。

今後挑戦したいことは?

スラリーポンプには様々な用途があります。今後はスラリーポンプ技術者として実際に使用現場(お客様のもと)へ出向き、トラブルやご相談などをその場で解決できるSV(スーパーバイザー)として活躍できるようになりたいと思っています。そのためには、スラリーポンプだけでなくポンプが実際に使用される設備なども含めた広範囲の分野の知識を身につけていきたいと考えています。

会社のアピールポイントは?

大徳 穂高 / ポンプ部 技術サービス課 / 2015年入社 / 工学部 環境機能工学科卒

スラリーポンプは、社会のインフラを支える工場や発電所、排水を綺麗にする処理場には必ずと言っていいほど使用されています。目立つ存在ではありませんが、ものづくりを通じて社会を支える仕事だと実感できる点が当社の大きな魅力です。

また、労働条件が良く、プライベートが充実できる点も魅力です。例えば、「年休がとれない、サービス残業が多い、帰宅が毎日深夜になる……」といったことは無く、出産・育児休暇などの制度も整っていますので、女性にとっても働きやすい職場だと感じます。

INTERVIEW

Page Top