大平洋機工はスラリーポンプ・汚泥ポンプ・各種ミキサを中心とした一般産業用機械製造メーカーです

大平洋機工株式会社
  • 大
  • 中
  • 小

文字の大きさ

TOP MESSAGE

当社は、1966年(昭和41年)に大平洋金属株式会社(当時 日曹製鋼株式会社)東京工場の閉鎖に伴い、機械部門が千葉県習志野市に移転し習志野機械工場としてスタートしました。その後、1984年(昭和59年)7月に大平洋金属株式会社の機械部が大平洋機工株式会社として分離独立し、現在に至っています。

当社は、人と技術を大切にし、長年の経験と実績に基づき、多くの産業を支え続ける特殊ポンプやミキサーを中心とした産業機械を設計、製造、販売しているメーカーです。 特殊ポンプは製鉄所、石炭火力発電所、廃水・下水・汚泥処理場、化学製品製造工場などで使用されており、その輸送対象の流体に合わせた型式・材質を選定し、お客様の要求を十分満足できるポンプを製造しています。また、ミキサーは化成品、建材、窯業、製鉄など多くの製造業における混合プロセスでご採用いただいており、お客様がより良い製品を製造することができるように実証試験を実施したうえでご提案させていただいています。

当社の製品は、決して目立つ存在ではありませんが幅広い産業分野で活躍しており、高品質の製品ときめ細かなサービスを提供することで、お客様から高い評価を頂いています。 これからも技術開発によりお客様のニーズに応え産業界の発展に寄与できる商品を提供することで社会に貢献し、社員の幸福と社業の発展を調和させながら持続的な成長を図ってまいります。引き続き一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。