大平洋機工はスラリーポンプ・汚泥ポンプ・各種ミキサを中心とした一般産業用機械製造メーカーです

大平洋機工株式会社
  • 大
  • 中
  • 小

文字の大きさ

粉体事業部 生産統括部技術二課 2008年入社 張 振祐 社会インフラの機能向上に挑む仕事に充実感を抱く。 誇りとやりがいを持って仕事に取り組む。

私は下水汚泥をパイプで搬送する「シュビングポンプ」の設計を担当しています。シュビングポンプの原理は、注射器のようにピストンの往復動作によって汚泥を搬送する特徴があり、当社独自の技術を活かし、お客様ごとにカスタム設計します。

私が所属する部署では、お客様ごとの案件を一人の設計技術者に任せられているため、案件スタート時のお客様との打ち合わせはもとより、仕様書や図面作成などの書類作成、さらには完成した製品の現地試運転など、コンサルティングから据え付け・調整までを一貫し、責任を持って担当します。大きなプレッシャーを感じますが、その分、お客様との密なコミュニケーションを通じ、お客様が納得できる結果が得られたときの達成感も大きくなります。同時に、社会インフラの機能向上に役立つ仕事ができたという満足感も抱けます。ポンプ自体は人の目に触れることはほとんどありませんが、社会のインフラを陰で支える現在の仕事に、誇りとやりがいを感じています。

腰を落ち着けて仕事ができる環境。

就職活動は、自分が大学で学んだ機械系の知識が活かせるメーカーを志望し、様々な企業を研究しました。そうした中で大平洋機工(株)という会社と出逢い、独自の技術で設計・製作している多くの機器が、下水処理場や火力発電所などで稼動していることを知り、社会のインフラを支える仕事に、大きなやりがいを抱きました。また、入社後の研修やOJT制度なども充実しており、熱意を持って人を育てる環境にも魅力を感じました。